家族葬で必要な費用とは

subpage1

お葬式で一番気になるのが費用です。
遺族も今後の生活のために借金をしてまでも費用をかけるのはと疑問に思うところでしょう。



今の時代は、葬式にお金をかけないスタイルになっています。
だからといって質素なものでなく、身内や親しい人で見送るスタイルである家族葬が一般的になってきています。



家族葬ですが、気になるのはどれくらいかというと、各葬儀社が組んでいるプランの金額はまちまちです。
一般的なのが30名くらいで基本プランで税別、30万円位からあります。費用をかけたくないという方には、火葬式や一日葬もありますが、たいていの方は家族葬を選びます。

家族葬に必要な基礎プランは、寝台車にドライアイスや役所や火葬場の手続き代行にお棺に骨壺と骨箱に棺布団に簡易祭壇や遺影写真セットに受付セットやサポート役に自宅飾り一式です。

これにプラスとしてオプションでお別れの花に死に化粧、返礼品や預かり安置といった様々なものを加えることができます。
菩提寺がない人や分家の方、宗派をこだわらないというかたであれば、葬儀社によっては寺院を紹介し、さらに戒名代金などを安く手配してくれます。

紹介料金も無料というサービスもあります。


家族葬を今後考えて、身内がいつか終焉を迎える日に備えて知識を得ておくだけでもというのであれば、葬儀社の相談会を行っているので参加をしてみると良いでしょう。



見積もりも複数からもらうことを忘れず、心にとめておいてください。

生活のテクニック

subpage2

宗教に対する考え方が希薄になるにつれて、葬儀の形も様変わりしています。生前葬や音楽葬など故人を偲ぶための式というより、故人の嗜好を反映した式が増えています。...

more

生活の情報まとめ!

subpage3

昔は葬式は親戚や友人だけでなく、会社関係者やご近所などを含めて、大勢の人が参列する盛大なものを行う傾向がありました。しかし日本人の寿命が長くなったこともあり、定年退職をしてから会社関係者と疎遠になっていること、そしてご近所や親戚付き合いの関係が希薄になっていることから、葬式を盛大なものではなく簡素なものにしたいと考える人が増えています。...

more

生活をよく学ぶ

subpage4

社会の在り方が大きく変わろうとしている現代社会にあって、葬儀やお墓の在り方についての価値観は過渡期にあると言えるでしょう。かつては死後は先祖代々のお墓に入るのが通例で他の選択肢はほぼ無かったも同然でした。...

more

納得の知識

subpage5

家族葬は、家族と親戚、故人と特に親しかった友人など、限られた参列人数で行うコンパクトな葬儀ということで、従来の形式よりも費用が抑えられることから、選ぶ人が増えています。かつての葬儀は、近隣住民に助けられながら自宅で行われるのが一般的でしたが、マンション住まいの人が多い都市部では、隣近所との付き合いが希薄なうえ、棺をエレベーターで搬入しづらいといった面もあり、病院からそのまま斎場へ搬送され、葬儀が行われるケースがほとんどとなりました。...

more